仲間酒造

スポンサーリンク

完全手作業の少量生産!「仲間酒造」

仲間酒造所

石垣島の中でも村(地域)のつながりが強い「宮良村」で泡盛造りを行う「仲間酒造所」。
昭和23年に創業し、村の酒として昔ながらの味わいを守りながら操業を続ける蔵元。

完全手作業の少量生産

蔵元内には、年季の入った木製の道具や地釜が並び、黒麹菌で黒ずむ昔ながらの泡盛蔵のたたずまい。
仲間酒造の特徴は、完全手作業の少量生産。
昔からの道具を大切に使い、洗米から蒸留、瓶詰めまですべて手作業で行う。

仲間酒造所 施設内

仲間酒造が販売する唯一の銘柄は「宮之鶴(みやのつる)」。
丁寧に麹をはわす麹造りに、創業当時からの地釜直火蒸留での泡盛造り。

手作業で手間暇かけて造る泡盛「宮之鶴」は、独特の風味とクセを楽しめる泡盛として、近年特に注目を浴び、一時は地元:石垣島で買えないぐらいの幻の泡盛になったことも。
中でも、ほとんど市場に出回らない「宮之鶴 古酒」は、今でも探している人が多い逸品です。
(現在でも一般酒の「宮之鶴」は入手しずらい状況が続いています。)

村の酒「宮之鶴」

人気が出た後も、村の酒を第一とし、今までと変わらない少量生産で丁寧に泡盛造りを行っている石垣島の蔵元「仲間酒造」です。

石垣島に来たら一度は味わってみたい仲間酒造の希少酒「宮之鶴」。

宮之鶴を飲んでみたい方はこちら
仲間酒造の泡盛・グッツ販売サイト

※施設見学:不可

<石垣島「仲間酒造所」の場所・地図>


より大きな地図で 石垣 酒造所マップ を表示

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク