石垣島ハーリー(海神祭)2018年の日程!

2018年石垣島ハーリー日程・予定

ハーリー

今年も海人達の海の祭りが近づいてきました!
石垣島最大の海の祭典「石垣島 海神祭・ハーリー」。
地元の人も観光客の方も、毎年多くの方が見に行く海の伝統イベント。

石垣島のハーリー(海神祭)とは?

ハーリー(海神祭)とは、もともとは沖縄本島で行われているイベントで。
沖縄本島の糸満などの漁師たちが石垣島に移住してきたさいに、石垣島でも行われるようになりました。
今年の豊漁を感謝し、船の航海安全を祈願する歴史ある伝統行事です。

石垣島最大の海の祭りで、一般の方や小中高生も参加する島を挙げての行事です。

石垣島の海神祭・ハーリー大会は3つの地域で行われます。
石垣島で最大規模は、石垣市内の「石垣島 海神祭ハーリー 石垣市爬龍船競漕大会」。
一般の参加も多くあり、とても盛り上がります。

サンゴで有名な白保地区でのハーリーと北部地域の漁師が集まる伊原間漁港での「船越ハーリー」などがあります

各地域それぞれの特色があるので、毎年違う地域のハーリー大会をみて回るのも面白いですね。
船越ハーリーなどは、観光客の方も参加できる体験ハーリーなどもプログラムに組まれていますよ。

海人達の意地がぶつかり合う石垣島のハーリー大会は必見です!

石垣島のハーリーは。毎年旧暦の5月4日

石垣島のハーリーが行われる時期は決まっていて、毎年旧暦の5月4日です!
(石垣島は旧暦で行う伝統行事が多いんです。)

旧暦を新暦に直すと、今年(2017年)は6月17日になります。

本番前の旧暦の5月1日には分かしハーリーというのもありますよ。
これは「石垣市爬龍船競漕大会」に参加する中・西合同チームの代表選を決めるハーリーです。
海人のガチンコ勝負!これも見ごたえがあり、多くの人が見に行きますよ。
ハーリーの前哨戦っていったとこでしょうか。

ハーリー大会の1週間前ぐらいからは、各漁港で練習風景を見ることもできますよ。

この時期に石垣島に旅行の来られる方はぜひ石垣島最大の海の祭りハーリー大会を見に行きましょう!
練習風景は、石垣島市内であれば、離島桟橋近くの「サザンゲートブリッジ」周辺の漁港で見ることができますよ。

ハーリー観戦に役立つ豆知識!

ハーリー大会では、海人達がサバニ(舟)漕いで順位を争うのですが、その競技にもいくつか種類があります。
しっているとより観戦が楽しくなりますよ!
※地域によって異なる場合がございます。

<御願ハーリー>
 ハーリー大会の一番最初に行われる競技です。
 往復800メートルを3周、計2400Mを競います。

<転覆ハーリー>
 舟を漕いでいる最中に合図がでたら、全チームが一斉に舟を転覆させ、舟を起こしあげて乗り込みます。
 それを2回行います。
 勝負所は、いかにはやく舟をおこし、みんなが乗り込むことができるか。
 ハーリー大会の中でも一番盛り上がる競技です。

<上がりハーリー>
 祭りのフィナーレを飾る「アガリハーリー」。
 純粋に一番早い舟を決めるレース!各組の海人「最強メンバー」が揃うのがこの競技です
 2800メートルの距離を競います。
 1位のチームがゴールした瞬間は、最高に盛り上がりますよ。

動画で見るハーリー大会

石垣島の海神祭・ハーリー、こちらでどんな行事かハーリーの様子を動画を見ることができますよ。
ぜひご参考に!

<石垣市爬龍船競争大会>


石垣島海神祭/ハーリーの様子

<石垣島 船越屋ハーリー大会>


船越屋ハーリー大会

まとめ

石垣島では、海神祭・ハーリーが終われば梅雨が明けると言われています。
つまりハーリー大会が行われる時期は、結構蒸し暑い時期です。
観戦するなら、日差しもきつい時期なので、日焼け対策はしておいた方がいいですね。
タオルはもちろん日傘などもあった方がいいかも。

石垣島の伝統行事「海神祭・ハーリー」。
島の海人達の力強い勇姿を見に行きましょう~。

2018年(平成30年)石垣島ハーリー(海神祭)の日程はこちら

・石垣島 海神祭ハーリー 石垣市爬龍船競漕大会
 日時:2018年6月17日(日) 場所:石垣漁港  ※朝8時スタート

・石垣島 白保ハーリー   
 日時:2018年6月17日(日)  場所:白保船着場

・石垣島 船越屋ハーリー   ※北部「伊原間地域」で行われるハーリーです
 日時:2018年6月17日(日)  場所:船越漁港

 ※詳しくは各漁港・自治体へお問い合わせください。

石垣島のハーリー会場の場所・地図はこちらから見れます。
石垣島のハーリー会場地図
(左メニュー「石垣島のハーリー・海神祭」を選択)

シェアする

フォローする